Highest Skill

近年需要が高まってる塗装業【転職するなら求人をチェック】

塗料を扱う仕事について

未経験者でも就職可能

色を塗る人

住宅や店舗・ビルなどの建築物を構成している外壁や屋根は風雨の影響を受けやすいため、材料を保護するために定期的な塗装作業が欠かせません。
木材やコンクリート・金属などの材料を塗料の被膜で保護する作業を塗装と言いますが、その作業は単に塗料を塗るだけでなく下地処理や塗料の選択など知識と技術が求められます。
そのため塗装を行う専門の職業が存在し、住宅やビルの新築・リフォームを始めとして公共工事や土木工事から自動車・バイクに至るまでを担当しているのです。
塗装作業はまず下地処理と養生作業を行い、材料の種類に合わせて最適な塗料を選んで塗布していくという手順で進められます。
下地処理は特に外壁や屋根・金属を塗装する際に重要な工程で、下地にひび割れや破損箇所があれば修復し錆や汚れを落とすことで塗料の定着性を高めるのが目的です。
塗料を塗る方法にも外壁や床などに適したハケ塗りや広範囲を塗るのに向いたローラー塗りの他、自動車やバイクの板金補修によく使われる吹付け塗装など多くの種類があります。
塗装の求人は全国各地で多く見られ、基本的には特別な資格なども必要でないため誰でも就職することが可能です。
重い塗料の持ち運びや高所作業が多い点を考えると、ある程度の体力があって運動神経に自信がある人に向いた職業とも言えます。
未経験者でも塗装見習の求人に応募して採用され、働きながら仕事を覚えることで一人前になった人は少なくありません。
塗装業界では小規模でも独立経営が成り立っている例が多いことから、仕事の経験を積んで将来独立開業するという道も開かれています。
塗装の求人を探す方法としてはハローワークや求人情報誌もよく利用されていますが、最近ではインターネットの求人サイトで仕事を探す人が増えています。
求人情報サイトでは勤務地や給与・勤務時間などの条件で絞り込むことができるため、有利な条件の求人案件を効率的に見つけられるのです。

景気向上で需要増

婦人

塗装は建物や板金などの表面を美しく仕上げるとともに、腐食や劣化を防ぐために必要不可欠な工程です。
経験豊富なプロの塗装工には、建設現場から多くの求人があります。
他方、仕事をしながら技術を身につけることができるため、未経験者可の求人も少なくありません。
一人前になるには数年の経験が必要ですが、知識と技術が十分なら将来的には独立開業することも可能です。
塗装工の求人は景気によって変動するのが普通で、建設需要が高まっている時期や地域には、条件の良い求人が多く集まります。
2020年には東京オリンピックが開催されることもあって、これから塗装の需要も本格化すると考えられます。
慢性的な人手不足の影響も加わって、所得の上昇が期待できることから、塗装工は人気職種のひとつになっています。
塗装工は一般に、年齢が上がり経験を積むほど収入も多くなる傾向があります。
ただし高所作業を伴うこともある肉体労働なので、50代半ばを過ぎると仕事がキツくなり、年収も頭打ちになります。
そんな場合でも独立開業すれば、年収を大きく増やせるチャンスがあります。
独立するには若いうちから積極的に技術を磨き、人脈を築く努力が欠かせません。
塗装工はパートやアルバイトの求人も豊富ですが、正社員としてキャリアを積むこともできます。
将来を見据えた求人を探すなら、ハローワーク以外にも各種転職サイトなどを利用して、いろいろな情報を集めることが大切です。

地域格差が激しい

塗装作業

塗装職人の収入は、他の職種に比べてかなり地域格差があります。
商業ビルやマンション、一般住宅などの建設着工件数が多いエリアでは、どの現場も塗装職人が不足気味なので、求人票を見ても月収30以上、35万以上などの収入が約束されています。
しかし、景気の悪いエリアでは、月収20万円から25万円の求人がほとんどです。
住んでいる地域によって、3割以上も月収に差が出てしまうのが実情です。
そのため、自分が住んでいるエリアの平均的な条件が悪いときは、より良い条件が見つかりやすいエリアで働くことを考えてみてもよいでしょう。
多くの現場では、遠隔地から働きに来てくれる塗装職人を歓迎しており、特に経験が豊富な職人には手厚い待遇が用意されています。
いつもは、自分の住んでいる市町村内や都道府県内に絞って、塗装職人の求人を探している人は、職探しの範囲を思い切って広げることで、良い条件の求人が見つかりやすくなります。
求人票をチェックするときには、社員寮や借り上げのアパートに無料または低額の家賃で住むことができるか、あるいは家賃補助があるのかが重要です。
月収が高くても、家賃や交通費などの出費が増えると割に合わないためです。
また、遠隔地から働きに来る塗装職人には、入社祝い金や入社準備金などの特別な手当てを支給する会社もあります。
自宅から離れた場所で生活する際には、新しく家電を購入したり、往復の交通費がかかったりと、さまざまな出費が必要になります。
しかし、入社祝い金や入社準備金が支給される求人ならば、多少お金がかかったとしても十分に元を取ることができます。

信頼できる会社に応募する

メンズ

建設工事の需要の高まりに伴い、施工管理の求人の数も増えています。施工管理とは建設工事を安全面、品質面で監理し工程通りに工事を進める業務です。求人に応募するにあたり注意点は、資格の必要性と、信頼できる会社かどうかを確認しましょう。

もっと読む

経験を活かせる仕事を探す

人形と模型

施工管理は工程・品質管理等建設業では欠かす事の出来ない重要な業務で人気となっており、施行管理技士という国家資格も存在します。不動産会社・建設会社・メーカー等の様々会社が経験者を採用する為、多くの求人が出ていますが、給料や福利厚生、また今までの経験がどの程度活かせるのかも含めて検討する事が重要です。

もっと読む

責任のある仕事がお勧め

作業員

施工管理の仕事を一度でも経験したことのある人は、その経験を活かしましょう。優遇されることがあるからです。また、派遣されることもあります。正社員よりも待遇が良い職場もあるので、派遣でも一概に立場や責任は正社員と違うとは言えません。

もっと読む